プリリジーは服用するだけで早漏改善効果がある薬になります。早漏で性行為に自信がなかった男性には、とても満足して頂ける薬となっています。こちらではプリリジーについて詳しく解説していきます。

多くの錠剤
  • ホーム
  • プリリジーのデメリットと真性包茎を治療する必要性

プリリジーのデメリットと真性包茎を治療する必要性

多くのカプセル

プリリジーは早漏治療の特効薬と言われており、パートナーにバレずに治療できるメリットがあります。
世界初の早漏治療の経口薬であり、若者はもちろん中高年の愛用者も多いのです。
感度がそれほど鈍くならないのもメリットですし、スプレーやジェルのようにヒリヒリ感を伴うこともありません。
ただ、デメリットが一つもないわけではなく、感度が少し弱くなること、臭いに敏感になること、などがあります。
感度はスプレーやジェルほど落ちませんが、脳の興奮を抑えるので若干弱くなります。
快感はペニスではなく、脳が感じ取っているものなのです。
そのため脳の働きが鈍い状態では、快感が減退してしまいます。
臭いに敏感になるのはプリリジーの副作用であり、女性器の臭いを強く感じるようになります。
そのため性器の臭いの強い女性とセックスをするときは、工夫してセックスをする必要があるでしょう。
こうしたデメリットを考慮しても、早漏治療にはプリリジーが一番選ばれています。
プリリジーのジェネリック医薬品も登場していますが、ジェネリックが販売されるものは人気がある証拠なのです。
真性包茎の方には早漏の割合が高いですが、これは亀頭が露出するためです。
オナニーを覚える前の状態の亀頭は、粘膜質で非常に敏感になっています。
そのため、射精するときの快感も非常に強く感じられます。
オナニーの経験が豊富になるにつれて、少しずつ感度が弱くなっていきますが、これにより早漏を抑えられるのです。
ただし、セックス経験が少ないと亀頭は強化されにくいので、オナニーだけで早漏対策をするのは難しいでしょう。
真性包茎は放置しておいても治らないので、医療機関で手術を受ける必要があります。
仮性包茎については、普段からむいて清潔にしておけば問題ありません。

関連記事